やりたいことが明確で、それに向けてバリバリ働いているのでは、というイメージを持たれるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。悩みながらも、人生のミッションを考えながら、仕事や働き方や家族と向き合っているガイアックスグループで働くメンバーの姿を伝えていきます。

Yu Hirata

仕事・チーム・結婚・家業…迷ったときは、ワクワクする方を選択したい

平田 優

アディッシュ株式会社 スクールガーディアン事業部 運用マネージャー

いろいろな選択をしていく中で、父が「こうやって、大人になっても「初めて」の経験を繰り返すんだよ」と言ってくれたんです。‟不安になる必要はない、これまでだって乗り越えてきたじゃないか”と言われた気がして、すごく背中を押されたました。

Eri Jin

仕事とプライベート、あえてシームレスに働く

神 えり

株式会社ガイアックス 技術開発部TSAチーム

尊敬する役者さんが貸してくださった本を読んだとき、与えられたことは最低限こなしたうえで、プラスアルファを、と思うようになりました。仕事を通じて世の中の役に立つ、感謝される。それがお給料として返ってくる。それはかけがえのないことだなと、そのとき気づきました。

Misa Oyama

いつか幼稚園をつくりたい

小山 未紗

アディッシュ株式会社 スクールガーディアン事業部

私自身、17歳のときにクォーターであることを知りました。そのことを隠さなければいけなかった社会がおかしいと、率直に感じました。それから、多様性を認め合える社会をつくるには、どうしたらいいか考えてみましたが、やはり若い世代の意識から変えていくのが良いように思えました。

Davydova Natalia

あなたの”好き”を仕事に。人生を楽しもう。

Natalia Davydova

株式会社ガイアックス ブランディングディレクター

私の人生で大切なのは、私自身と私の周りの人が幸せになることです。周りの人も幸せにできるような情熱や目的を探すこと。自分の家族やコミュニティに貢献すること。物事を当たり前と思わず感謝すること。これらのことを、日々、そして取捨選択をするときに大切にしています。

Yuri Umetsu

「Challenged」「介護」が人生のキーワード

梅津 祐里

株式会社ガイアックス 管理本部 総務部マネージャー

今だから話せますが、産前休暇を利用してネイルの資格を取るためにネイルサロンに通いました。「介護施設のおばあちゃんたちにネイルやお化粧をしてあげるとすごく喜んでくれる」と聞いたことがあったからです。

Akiko Suginohara

どう働くか、どう生きるかを自らがつくる会社をつくりたい

杉之原 明子

アディッシュ株式会社 取締役

周りの人の幸せにつながるために動くことが私にとって一番の喜びです。でも、もっとよく考えると、恩返しかもしれないです。私は、戦力もなにも、何もないインターン生として入社し、多くの人たちがものすごい時間をかけて育ててくれたんです。

Yurika Enomoto

自分を幸せにするために、私は「仕事」をすることを選んでいる

榎本 悠里香

株式会社Letibee 代表取締役

母に「女の子が好きなんだよね」と打ち明けた際、「世間の常識は時間とともに変わるから、今の常識に合わせて生きる必要はない」と言ってくれました。日本が、世界が、より多様な社会になるために、誰もが幸せを追求しやすいスタートラインをつくることはできると思っています。

Tomoko Arai

THINK GLOBAL, ACT LOCAL

荒井 智子

管理本部 まいにち食堂

最初は、社内で食堂をやるという発想自体ありませんでした。本質的なことを考えていくうちに、なにか一足飛びに大きいことをしようとするのではなく、自分の身近な人たちを幸せにしたいと考えるようになりました。