新たなプロジェクトリリースです!それも、なんと、働くとーちゃん視点プのロジェクトが!

プロジェクトページ:http://needle-movers.gaiax.co.jp/projects/papaproject/

Needle-Moversは、ガイアックスグループのメンバーが自ら「生きる」「働く」をつくる姿を、その過程を発信することをテーマにしています。

私はつくづく思います。「生きる」「働く」をつくるのに、男性も女性も(別に性別すら)関係ないと。

現在、ガイアックスグループでは、本人に意志があれば、産休育休を経て会社に復帰する選択が当たり前にあります。私が入社した頃を思い出すと、出産を経て復帰した女性正社員はいませんでした。ロールモデルが全くいない環境で、この会社で働き続けられるのだろうか、と漠然とした不安を抱えていた覚えがあります。しかし、この8年間で、本当に大きな変化を感じます。振り返ると、会社のフェーズもあったでしょうし(当時は平均年齢が26歳だったような…)、会社やチームの理解うんぬんの前にあまりに会社も人も未熟で余裕もなかったのでは想像します。でも、私たちは何年もかけて、女性社員とそのチームメンバーが理解しあい、少しずつ、事例をなんとか作ってきました。

URL:シェア託児スペースのような場をつくりたい

子どもを持つ女性の働きやすさ、みたいな切り口が話題になりますが、それを一緒に作ってきたチームメンバーがもちろんいるのであり、そして、その中には、当然、子を持つ男性社員がいる。

菊池まさんのおかげで、Needle-Moversで、このプロジェクトが立ち上がったことがすごく嬉しいです。タイトルを見るだけでうふうふしちゃいます。

今後の展開を、どうぞお楽しみに!

Akiko Suginohara
2008年に株式会社ガイアックスにインターンとして入社。学校裏サイト対策サービス「スクールガーディアン」事業の立ち上げを経て、2014年、アディッシュ株式会社取締役に就任。2016年、ガイアックスグループで働く女性の、一歩踏み出す姿を発信するWebサイト「Needle-Movers」をオープンさせる。
Recommended Posts