今年1月23日、ガイアックスのオフィスが五反田から永田町に移転しました。入社して8年間、徒歩で通勤していた身としては、電車通勤がつらい!加えて、既にリモートワークをしているので、よけい会社に行かなくなるんだろうなと漠然と考えていました。自宅最寄り駅から会社まで乗り換えなしで15分。今まで考えたこともなかった終電の心配もしなくっちゃならないなんて!と、全てを苦痛に感じていました。(冷静にみると、すごく贅沢ではありますが…)

新オフィスには、私たちの部署に固定席はありません。窓際にあるフリー席を自由に使っていますが、真冬に引越しをしたので窓際席は非常に寒く、夜遅い時間になると手がかじかむという事態に、やっぱり家が1番だ!なんて思っていました。オフィスの中なのに、冬が寒いということは夏も当然暑いよね!全然快適じゃない!と、愚痴愚痴…

しかし、オフィス環境がだんだんと整えられてくるにつれて、オフィスも永田町という場所も快適に感じられるようになってきた自分に気づきました。

アクセス

永田町は半蔵門線、有楽町線、南北線、地下でつながっている赤坂見附には丸ノ内線、銀座線と、実は非常に交通の便が良いです。複数人でアポに行くときは、場所によってはタクシーの方が安いことも。

オフィス

オフィスは、執務室の真ん中にスタンディングスペースとカウンターがあり、6階と地下1階も解放されていて、そこで仕事をすることもできます。スタンディングスペースがあるおかげで、別の部署のメンバーと気軽に話すきっかけが各段に増えました。

Nagatacho GRID
Gaiax base

環境に慣れてくると、不思議と自分の行動にも変化が。今まで、リモートワークをするときは自宅で仕事をしていて、気分転換をしたいときはカフェに行っていたのですが、最近では、集中力がきれてきたなと感じるとGRIDに向かうことが多くなりました。先日は、特に会議もなかったのに、ついに週5日でGRIDに出社!

オフィスには、子どもがゆっくりとできる場所があるのもありがたいです。息子を何度もGRIDに連れて来ていますが、かなりのお気に入りのようで「永田町に行きたいなー!」とよく言っています。(息子はお姉さんが大好きなので、単にたくさんのお姉さんに会いに来ているだけだとも思いますが…)

Tiny peace kitchen lunch
Tiny peace kitchen

リモートワークってそれぞれが心地いいと感じるところで仕事をして、成果を出すことが重要だと思っています。GRIDができたことで、働く場所の選択肢が1つ増えたということが喜びにつながっています。

来月は、任意のメンバーで九十九里でグランピングをします。そこでもリモートをしながら、メンバー間の交流を深めたいと思っています。その様子はまた次回に。

 

#ガイアックスグループの新オフィスNagatachoGRIDはこちら!

https://grid.tokyo.jp/

Like us

この話が気に入ったらNeedle-Moversにいいね!しよう

If you find this article interesting, please LIKE Needle-Movers Facebook page.

Recommended Posts