もっと”LGBTがあたりまえの会社”を世の中に増やしたい!

LGBT含め、ダイバーシティを持ったすべての人が、自分らしくいられる環境を目指して結成された、当事者・非当事者から成るLGBT委員会(別名:Gayax)の動きを超!オープンに発信していきます。

吉良 百合野

吉良 百合野

アディッシュ株式会社
カスタマーソリューション事業部

2015年株式会社ガイアックスに新卒入社。現在は、アディッシュ(株)カスタマーソリューション事業部海外拠点にて英語、ヨーロッパ言語の海外チームマネジメントを担当。その傍ら、外国人料理教室を運営するTadakuにて事業拡大のため活動中。

藤堂 和幸

藤堂 和幸

株式会社ガイアックス
人事・採用担当

創業1年目の株式会社ガイアックスに参画。開発者・営業兼務で韓国からのソリューション導入、台湾との合弁会社とのゲーム事業日本展開、金融機関とのウェブ戦略コンサルティングなどを手がける。その後、運用部署の立ち上げから内定者SNS事業の開発・運用責任者を歴任。現在は全社の採用・人事を担当。

Yurika Enomoto

榎本 悠里香

株式会社Letibee
代表取締役

2013年に株式会社ガイアックス新卒入社。子会社のアディッシュ(株)にて海外のカスタマーサポートのマネジメントを担当。自身がセクシャルマイノリティ当事者だったこともあり、ガイアックスのダイバーシティ推進の一環として社内向けLGBT研修の実施や社外向けにLGBT支援宣言プレスリリースに関わる。

山本 そらね

山本  そらね

アディッシュ株式会社
カスタマーソリューション事業部

2016年4月アディッシュ株式会社入社。カスタマーソリューション事業部所属。海外運用を担当し、フィリピン拠点4言語のチームを取りまとめるため奔走中。

木村 智浩

木村 智浩

株式会社ガイアックス
人事・広報IR担当

2004年株式会社ガイアックスに新卒入社。社内SNS事業の立ち上げ・展開、ソーシャルアプリのコンタクトセンターの運営、ネット選挙関連ビジネス立ち上げのPR活動等様々な事業で活躍。現在は採用広報IRを担当。出資先企業広報から、事業部広報、企業広報、IRに従事。

日比 朝子

日比 朝子

株式会社ガイアックス
TABICA事業部

2015年4月インターンとしてTABICAに参画。サービスの営業・企画などに携わったのち、2016年4月に株式会社ガイアックスに入社。現在は、同じくTABICA事業にて訪日外国人向けサービスの立ち上げに奮闘中。

野澤 直人

野澤 直人

株式会社ガイアックス
執行役

1995年にコンサルティング会社に入社後、マスコミ業界に転じビジネス誌の編集責任者として多数のベンチャー経営者を取材。その後、海外留学関連の新興企業で、広報、人事、新規事業立ち上げ等に従事し、2010年に中小ベンチャー企業に特化したPR会社・株式会社ベンチャー広報を設立。2014年に株式会社ガイアックス執行役に就任。

佐別当 隆志

佐別当 隆志

株式会社ガイアックス
ブランド推進室

2000年に株式会社ガイアックス入社。広報・新規事業開発を経て、2015年よりシェアリングエコノミーに特化したWebメディア「Share! Share! Share!」をリリース。一般社団法人シェアリングエコノミー協会を設立、事務局を運営中。プライベートでは、シェア時代の家族とゲストの一軒家「Miraie」を運営。Airbnb hostとしてNew York Timesなどのメディア掲載多数。

もっと”LGBTがあたりまえの会社”を世の中に増やしたい!

ガイアックスグループの理念の中心にあるのが「人と人のつながり」。そして、推進しているシェアリングエコノミー事業は、自分とは違う人と人とがつながり、モノや体験をシェアすることによって成立する経済やサービスをさします。一方、社会を見渡すと、自分と違う人、例えば、肌の色、性別、宗教、経済力、心身の障害など、多くの線によって、人とのつながりが阻害されています。私たちは、人と人がつながる限り、当たり前にある”違い”を乗り越えて人と人がつながりやすい社会を作っていきたいと意気込んでいます!

LGBT委員会を発足!IT業界全体に向けてLGBTフレンドリーを呼びかけていきたい

ガイアックスグループは、昨年6月に、株式会社Letibeeによる、LGBTに対する理解浸透を目的としたLGBT研修を、事業部長及び社員向けに実施しました。その後、8月にLGBT委員会を発足。LGBT委員会は、ガイアックスグループの、セクシャリティにおいて様々な立場の人、人事・採用責任者、執行役で構成されています。社内での理解促進のための取り組み、社内規程や人事制度の整備に取り組むとともに、その軌跡をオープンに情報発信していきます。LGBT委員会が目指す、もっと”LGBTがあたりまえの会社”の輪を広げるべく、IT業界へのLGBT理解推進にも寄与したいと考えています!

LGBT委員会

想定ステップ

進捗 60%
  • 2015年6月 ガイアックスグループ事業部長及び社員対象に、LGBT研修を実施
  • 2015年8月 LGBT委員会発足及び「LGBT支援宣言」
  • 2016年 社内LGBT委員会の資料を社外に公開(例:ケーススタディ・カミングアウトされたときにはどうしたら?アゲインスト研修実施など)
  • 2017年 全従業員対象の入社時研修の開始/全従業員対象の定期研修の開始/社員のディスカッションを通した施策の実施

いまここ

ガイアックス、LGBTへの取り組み評価「work with Pride PRIDE指標 2016」にて、 最高評価の「ゴールド」を受賞しました!

10月26日、日本生命ホールでのwork with PrideによるPRIDE指標 表彰式に参加してきました。会場に到着してみたらなんと、大きな日本生命ホールに1000人近くの方が集まり、講演を熱心に聞かれたり、参加者同士でのワーク・ディスカッションをされたりしていました。

みんな違ってみんないい、LGBTあたりまえ化に向けて始動!

ある人は「女性」、ある人は「人種」、ある人は「LGBT」を想像するかもしれません。私は、つねづね「ダイバーシティ」とは、これらの単語にとどまらず、表面上では見えなくても、それぞれ一人ひとりがその人にしかない特性をもって生きていることが理解されている状態ではないか、と感じています。