I met Yoshiko Kondo – the CEO of Cinfinity through a mutual friend. When we sat down for a coffee at tiny peace kitchen, I wasn’t sure about the purpose of our meeting apart from the fact that she wanted to hear more about the Needle-Movers movement.

“I work only 4 hours a day” – that’s how our conversation started.

Yoshiko told me that becoming a mother made her re-think her work and came to the conclusion that working efficiently for 4 hours gave her as much if not more results as sitting in the office for 8-10 hours.

先日、知人を通じてCinfinity社代表の近藤喜子さんにお目にかかりました。tiny peace kitchenでコーヒー片手にご挨拶。”Needle-Movers”に関するインタビュー、ということでご来社いただきましたが、いったいどのような時間になるか、想像がついていませんでした。

「私は、1日4時間だけ働いてるんです」

近藤さんの、この言葉からインタビューが始まりました。近藤さんは、子どもを持ったことをきっかけに働き方を考え直し、8~10時間オフィスで働くよりも、4時間をどう効率的に働くかが勝負だということに気づいたそうです。

Interview with Cinfinity

“If you have a goal of completing a series of tasks and you are determined to accomplish that goal, 4 hours will pretty much get you there.”

Come to think of it, there is a lot of truth in it. My most productive hours are in the morning before lunch. The rest of the day I dedicate to just answering emails, having meetings and taking lots of breaks (coffee, chat, internet shopping, watering plants..). I prefer working in hack sessions rather than 1 hour here, 1 hour there.. It takes time for me to concentrate and then get out of that state and so I choose to have my hacking sessions in the morning when my head is clear and I am not overwhelmed with new problems. If I am to just pick up my things and leave right after lunch, my work in no way would suffer from it. Because I can answer my emails on my phone and I communicate with my colleagues on Slack and a lot of my meetings take place on Skype..

So do we really have to spend 10 hours a day at the office?

Not really. I mean you can hack away for more than 4 hours but your efficiency diminishes with every hour and your dissatisfaction grows proportionally. And I am not even talking about the health benefits of not sitting 8-10 hours a day in front of PC.

These sort of long working days used to satisfy me professionally because I could get a lot done in one day but coming home late at night exhausted me physically and emotionally and seeing my family already in bed left me feeling like I missed something, like I missed life..

「もし、達成したいゴールイメージをきちんと持っていて、そのための一連のタスクが分かっているのであれば、”4時間”あればゴールは概ね達成できるんです」

よく考えてみると、一理あると感じました。私の場合だと、一番生産的な時間はランチ前の午前中。それ以外時間は、メール返信や会議に充てると決めています。さらに詳細を見ると、コーヒーブレイク、チャット、オフィスに必要なモノの購入や植物の水やりなどに細かく時間を使っているなと思います。私は、業務が途切れ途切れになってしまうのを好まず、まとまった時間に集中して仕事をするのが好きです。だから、頭がクリアでまだ様々な問題が起こっていない午前中に、まとまった時間をとり、頭を使う仕事をすることに決めています。午前中に重要な仕事を終えていることが多いので、ランチ後に退社しても業務にはさほど支障は出ないと思います。なぜなら、メールの返信はスマホで、同僚とのコミュニケーションはSlackで、会議はSkypeでできているからです。

本当にオフィスで10時間過ごす必要があるのでしょうか?

イエスとは言えないですよね。もちろん4時間以上働き続けることはできますが、でも、生産性は1時間ごとに減少し、それに比例してストレスが増えていきます。さらに、パソコンの前に長時間座っていることは、体にも影響がありますよね。

私にも長時間労働をしていた時期がありました。その日のうちにたくさんの業務ができたことに満足する半面、夜遅くに帰宅する頃には体も心も疲れ切っていました。そして、すでに眠りについている家族を見て、これでいいのだろうか、人生に何かが足りない、、と思ったものです。

tiny peace kitchen

For a long time, I thought that keeping a good balance between work and home was the key to a happy life.

Now, I believe that I feel the happiest and most satisfied when the borders between my work and my private life are not defined.

I don’t spend fixed hours at work and I don’t always work when I am at the office. Sometimes I take my son to the office to play at the kids’ room or just to enjoy a chilled afternoon in our rooftop garden. I throw baby showers here and I have my friends’ birthday parties here. On the other hand, I work while I commute and I often reply to emails and communicate with my team mates at home. I sometimes bring work home too especially when facing a tight deadline. I am sure that this sort of lifestyle is difficult to achieve if you don’t love what you do so the passion for work is I guess the ultimate key to this new way of thinking. I told Yoshiko that I am happy at work and happy at life and that work and life for me is sort of the same thing now.

だから私は、長い間、仕事と家庭のバランスを良く保つことが幸せなに働くことのポイントだと考えていました。

でも、今は、仕事とプライベートの境い目が分からないほどになっているときに幸せを感じます。

決められた時間だけ働くことは好きではないし、働くためだけにオフィスにいるわけでもない。私は、ときどき息子をオフィスに連れてきて、キッズルームや屋上のガーデンで遊ばせています。友人のベビーシャワーや誕生日会をオフィスで開催することだってあります。一方で、通勤中もメール返信をしているし、自宅でもチームメンバーとコミュニケーションを取っています。さらに、締切が迫っているときなどは、家に仕事を持ち帰ることもあります。もし、自分の仕事が好きでなければ、このような働き方は耐えられないですよね。私は、仕事とプライベートの境界線がないような働き方は、仕事への情熱があるかどうか、これが究極のポイントだと考えています。 今の私は、仕事にも家庭にも満足していて、さらにはワーク=ライフであることを近藤さんに話しました。

Baby shower

Baby shower at the office rooftop

Birthday party

Birthday party at the office event space

Yoshiko’s mission is to help other companies find an efficient way to work and keep employees happy and satisfied. Eliminating borders between work and life works well for my company but may not be the case for others. But I think it is important to remember that

the long hours you spend in the office do not always translate into the results

and sometimes having no choice in where, when and how you work can bring a negative effect on someone’s productivity. Happy people bring great energy to work and that energy feeds innovation and progress. I mean, don’t you want that at your workplace? ^-^

近藤さんのミッションは、「多くの会社で、従業員の幸せのために効率的な働き方ができるようにサポートする」こと。私の、仕事とプライベートの境い目がないような働き方は、ガイアックスでは認められることだと思いますが、すべての会社に当てはまるものでもないとも思います。でも、私は、

長時間会社にいることと、成果を出すことは必ずしもイコールではない

ということを忘れないでいたいです。そして、働く場所、時間などの働き方の選択がないことは、ときに誰かの生産性にネガティブな影響を与えているかもしれないことを。私たちがハッピーでいることは、働くエネルギーにつながり、そのエネルギーがイノベーションや推進力につながります。皆さんの職場は、いかがですか?^-^

Like us

この話が気に入ったらNeedle-Moversにいいね!しよう

If you find this article interesting, please LIKE Needle-Movers Facebook page.

Recommended Posts