7月24日に開催された、Work Smarter!主催企業交流イベント 「時短ママでも管理職を目指せる環境づくりへ」 のパネルディスカッションに、ガイアックス総務部マネジャー、そしてNeedle-Moversプロジェクトメンバーである梅津さんが登壇しました。

イベントページ:http://wm-univ.com/ws-official/events/738/

Work Smarter!は、日本ワーキングママ協会とアクセンチュア株式会社が立ち上げた働き方変革プロジェクト。運営事務局の皆さまに『Needle-Movers』を見ていただいたようで、パネルディスカッション登壇者に梅津さんをご指名いただきました。

『Needle-Movers』を細々と続けてきた私たちにとって、それが非常に嬉しく、そして、梅津さんもパネルディスカッション登壇に挑戦してくれました。

Panel discussion
Panel discussion

さて、独身の私がワーママ対象のイベントに参加したのは今回が初めて。普段、ワーママ(という呼称を使うのは慣れていませんが、このブログだけ”ワーママ”という単語を使おうと思います)と一緒に働いているので、パネルディスカッションの内容はすごく身近に受け止められました。中でも、頭に残った「時間の制約」について書きたいと思います。

 

「フルタイムで働けない」ということについて

 

イベントの趣旨が、「ワーママと管理職」だったので、

  • 子どもがいる女性のほうが昇進意欲があると答えた
  • 起業したいと考えている女性も、子どもがいる女性のほうが意欲があった

というデータの提示で、パネルディスカッションは始まりました。

パネルディスカッションで一番ぐっときたのは、「管理職になったきっかけ、そのときの不安などを教えてください」というテーマに対して梅津さんが答えた内容でした。

Yuri Umetsu

総務部のマネジャーにという話をいただいたとき、正直すごく不安でした。私には4人の子どもがいるし、残業もできないと思いました。それを上長に話したところ、言われたんです。「私は、長く働いたからと言って評価しません。短時間でも効率化したであるとか、仕事の質を評価します」と。

その頃、社内にリモートワーク推進の流れもあり、それも背中を押してくれました。また、Needle-MoversというWebサイトを立ち上げて、社内の事例をオープンにしていくという取り組みもあり、「私も管理職になっていいんだな」「私が事例になればいいんだな」と思い、マネジャーに挑戦することにしました。

管理職になるにあたって不安に思うのは、ワーママに限った話ではありませんが、しかし、時間対アウトプットに対するワーママの姿勢は、私も、日々チームメンバーを見ていて鬼気迫るものを感じています。

 

制約があるからこそイノベーションが生まれる

 

昨今、新たな働き方が取り上げられています。私は、働き方改革を、「生きる」「働く」に対する価値観の変化への挑戦であり、それに少子化が掛け合わされた大きな課題への実験であると捉えています。スキルを時間売りして働く、複数の組織やプロジェクトで働く、リモートワークする、そういう働き方の選択がしやすい方向に進んでいくんだろうなと実感している一方、私はいったい何で対価を得られる人間なのだろうか、という焦燥感もあります。また、会社の経営側としては、労働生産性と本気で向き合わないと少子化を前に立ち行かなくなるだろうなという危機感を持っています。働く者としても、会社の経営側としても、労働生産性は大きなテーマです。

話はそれましたが、ワーママと働いていて、私自身、「制約があるからこそイノベーションが生まれる」ことを実感しています。管理職としては、今までと同じやり方を続けていては、チームとしてリソースが足りなくなります。また、働く本人も、今までと同じ時間の使い方を続けていては、なかなか新たな挑戦することが出来ません。

そして、フルタイムで働くことが前提で成り立っている現在の仕事のやり方を変えたいならば、勤務時間に制約のある人を受け入れるであるとか、ワーママを管理職にするといった決断をすることは手っ取り早いと思います。これからの時代の流れを見ても、早めにその決断をしたほうがいいことは間違いなさそうです。

そしてそのとき、こういった毅然とした姿勢でいたいものです。

 「私は、長く働いたからと言って評価しません。

短時間でも効率化したであるとか、仕事の質を評価します」

最後に、たまたま通りすがったガイアックス人事・広報IR担当の木村さんと1枚。

Panel discussion

Like us

この話が気に入ったらNeedle-Moversにいいね!しよう

If you find this article interesting, please LIKE Needle-Movers Facebook page.

Recommended Posts