執務スペースの固定席をフリーアドレス席にしたい

オフィスの導線や仕組みを変えることで、私たちのコミュニケーションや行動に変化があるかをトライアルしています。第一弾は、フリーアドレス席!

Akiko Suginohara

杉之原 明子

アディッシュ株式会社 取締役

2008年に株式会社ガイアックスにインターンとして入社。学校裏サイト対策サービス「スクールガーディアン」事業の立ち上げを経て、2014年、アディッシュ株式会社取締役に就任。2016年、ガイアックスグループで働く女性の、一歩踏み出す姿を発信するWebサイト「Needle-Movers」をオープンさせる。

席替え文化のポリシー

もともと、アディッシュは、部署ごとに座らず、定期的に席替えをする文化です。 これは代表江戸の考えです。

Hiroki Edo

私は、「自分の事業のみ自分のチーム」というセクショナリズムな考えは、好きでなくて、それを助長するような動きは、なるべくしたくないと思ってます。そのため、意図的に事業を混在した席配置としてきました。 おそらくは、業務が近しい人がそばの方が「楽」です。ただ、「楽」に流れることで、それが年月とともに、セクショナリズムをうみ、本当はひとつのチームであるはずなのに、「あいつら」と「われら」というような壁が、知らず知らずできていき、後々、大きな組織コストになると思ってます。

アディッシュ(株)CEO江戸の、ある日のメールより引用

状況に応じて変化できる会社でありたい

2016年に入り、様々な事情から、ガイアックスグループ全体で座席を工夫する必要に迫られました。 もともと、社長がどこに座っているか分からないような会社です。人数が多くなると、1つのデスクに、社長とインターン生が2人で使うのも普通。自分を振り返っても、会議や外出が多い日はほぼ席にいません。 世の中の動きを見ると「所有する」という概念が変化してきています。「空いているスペースを活用する」ことは当たり前になってきています。 固定席をフリーアドレス席にすることに不安もありました。「1人1デスク」 が当たり前とされているところに、いきなり、「明日からあなた専用の席はありませんよ」となるわけですから。 しかし、アディッシュが、世の中や会社の状況に合わせて変化ができない会社だとしたら、それは絶望的だ。 心配することはない、アディッシュには席替え文化があるじゃないか! こうして、固定席の60%をフリーアドレス席にする取り組みが始まりました。

ハピネスの伝染について研究する

もうひとつ、私がフリーアドレス席に注目している理由があります。それは、「オフィスで発生する身体運動」です。 日立製作所で研究された方の著書『データの見えざる手』を読み、詳細は割愛しますが、「身体運動は伝染する。ハピネスも伝染する」という考え方に感銘を受けました。それもデータに基づいているという。 「ハピネスが実は集団現象」なのであれば、これを念頭においてこれからの働き方や仕事の設計を考えたら、もっと楽しそう!と考えています。この取り組みについても、固定席をフリーアドレス席にすることで、行動の導線やコミュニケーションに何か変化があったか。デスクに物が全くない状態が、何か仕事の仕方や環境に影響を与えたか。などの視点で考察、次のオフィス作りに生かすところまでやっていきたいです。

想定ステップ

進捗 60%
  • 2015年12月 ロッカー大購入。フリーアドレス席対象者のロッカーを大へ
  • 2015年1月 執務スペースの60%をフリーアドレス席へ
  • 2016年2月 ロッカーに郵便受けを設置、2つのフリーアドレス席ルールを設定
  • 2016年3月 固定席に「空いてますよ」のサインを設置
  • 2016年10月 フリーアドレスにしたことによる、ハピネスの伝染について議論する
  • 2018年10月 オフィス移転
Free address policy
Free address policy

いまここ

アディッシュがオフィスリニューアル!フリーアドレス席の現在は?

先月、ガイアックスが永田町に移転。Nagatacho GRIDと名付け、日本で一番シェアを体験できるビルをコンセプトでついにオープンしました!目指すのは、ちょっとおしゃれなオフィスというより、もはコミュニティです。 今回は移転をしなかったアディッシュも、フロアをリニューアルしました!

東京拠点ランチ!よそいき食堂で部署を越えたコミュニケーションの場を運営し続ける

フリーアドレスの運用と同時に考えたのが、コミュニケーションの場の創出です。自分が所属するコミュニティを越えて、当たり前に会話をする土壌をサポートしたい。 四半期に一度くらいの頻度で、東京拠点全体でランチ会を開催することに決め、今回で4回目。