先月、アディッシュでは、フロアをリニューアルしました!シンプルなオフィスではありますが、フリーアドレス席の工夫をお伝えしたいと思います。

adish

テーマは、Simple & Flexible。

adish renewed office

執務スペースはこんなかんじ!

Focus booth

集中したいときは、こちらのブースでどうぞ。

昨年から推進していた、フリーアドレス席がどうなっているかというと、

adish office layout

こんなかんじ。

adish office layout

固定席とフリーアドレス席、さらにセキュリティルーム間のコミュニケーション促進のため、スタンドテーブルを設置。

さて、思い返せば、アディッシュのフリーアドレス席は、スペースにゆとりがあるから、とか、コミュニケーションを促進したいから、とか、決してそんな理由で始まったわけではなく、物理的に座席が足りなくなって半ば強制的に開始。昨年は、少しの時間でもデスクを使わないのであれば、荷物をもって移動するルールを徹底していました。

フロアリニューアルに伴い、スペースにも私の気持ちにもゆとりが生まれ、今のところ特に何もルールを設けずに、メンバーの行動を観察しています。不思議なことに、みんなきちんとルールに基づいて行動をしていたからか(笑)、外出や長時間の会議などはデスクをキレイにして移動している様子。戻ってきたら、別の席に座ることになるので、仕事上ではあまり話さない人とも会話しているかもしれません。

adish office

そして、ルールがないと、工夫が生まれます。以前のフロアは、会議スペースごとにホワイトボードがあったのですが、視界を遮りたくないため、1台に減らしました。不満が出るかなと思っていたのですが、1台のホワイトボードを適宜動かして軽くMTGをしている光景も珍しくなくなりました。Good!

時間が経つにつれ、様々な課題が生まれるのが常ですが、限られた空間をSimple & Flexibleに。

見守りながら工夫していきたいと思います!

Akiko Suginohara
2008年に株式会社ガイアックスにインターンとして入社。学校裏サイト対策サービス「スクールガーディアン」事業の立ち上げを経て、2014年、アディッシュ株式会社取締役に就任。2016年、ガイアックスグループで働く女性の、一歩踏み出す姿を発信するWebサイト「Needle-Movers」をオープンさせる。
Recommended Posts