執務スペースの固定席をフリーアドレス席にしたい

オフィスの導線や仕組みを変えることで、私たちのコミュニケーションや行動に変化があるかをトライアルしています。第一弾は、フリーアドレス席!

Akiko Suginohara

杉之原 明子

アディッシュ株式会社 アディッシュ株式会社

2008年にGXに入社後、社内で初の育児休業を取得し、働くママのモデルとなる。その後2度の出産、3度の育児休業を経験する。家庭では1女3男の母、会社では総務リーダーとして日々奮闘中。夢はchallengedがすべての企業・世の中で活躍する場を広げること。

席替え文化のポリシー

もともと、アディッシュは、部署ごとに座らず、定期的に席替えをする文化です。 これは代表江戸の考えです。

私は、「自分の事業のみ自分のチーム」というセクショナリズムな考えは、好きでなくて、それを助長するような動きは、なるべくしたくないと思ってます。そのため、意図的に事業を混在した席配置としてきました。 おそらくは、業務が近しい人がそばの方が「楽」です。ただ、「楽」に流れることで、それが年月とともに、セクショナリズムをうみ、本当はひとつのチームであるはずなのに、「あいつら」と「われら」というような壁が、知らず知らずできていき、後々、大きな組織コストになると思ってます。

(アディッシュCEO江戸の、ある日のメールより引用)

状況に応じて変化できる会社でありたい

2016年に入り、様々な事情から、ガイアックスグループ全体で座席を工夫する必要に迫られました。 もともと、社長がどこに座っているか分からないような会社です。

人数が多くなると、1つのデスクに、社長とインターン生が2人で使うのも普通。自分を振り返っても、会議や外出が多い日はほぼ席にいません。

世の中の動きを見ると「所有する」という概念が変化してきています。「空いているスペースを活用する」ことは当たり前になってきています。

固定席をフリーアドレス席にすることに不安もありました。「1人1デスク」 が当たり前とされているところに、いきなり、「明日からあなた専用の席はありませんよ」となるわけですから。

しかし、アディッシュが、世の中や会社の状況に合わせて変化ができない会社だとしたら、それは絶望的だ。 心配することはない、アディッシュには席替え文化があるじゃないか! こうして、固定席の60%をフリーアドレス席にする取り組みが始まりました。

ハピネスの伝染について研究する

もうひとつ、私がフリーアドレス席に注目している理由があります。それは、「オフィスで発生する身体運動」です。

日立製作所で研究された方の著書『データの見えざる手』を読み、詳細は割愛しますが、「身体運動は伝染する。ハピネスも伝染する」という考え方に感銘を受けました。それもデータに基づいているという。

「ハピネスが実は集団現象」なのであれば、これを念頭においてこれからの働き方や仕事の設計を考えたら、もっと楽しそう!と考えています。この取り組みについても、固定席をフリーアドレス席にすることで、行動の導線やコミュニケーションに何か変化があったか。デスクに物が全くない状態が、何か仕事の仕方や環境に影響を与えたか。などの視点で考察、次のオフィス作りに生かすところまでやっていきたいです。

プロジェクトの進捗

進捗 40%
  • 2015年12月 ロッカー大購入。フリーアドレス席対象者のロッカーを大へ
  • 2015年1月 執務スペースの60%をフリーアドレス席へ
  • 2016年2月 ロッカーに郵便受けを設置、2つのフリーアドレス席ルールを設定
  • 2016年3月 固定席に「空いてますよ」のサインを設置
  • 2016年10月 フリーアドレスにしたことによる、ハピネスの伝染について議論する
  • 2018年10月 オフィスが移転。
Free address
マッサージ中

いまここ

パラレルキャリアを応援!NagatachoGRIDを、ココロもカラダも満たされる瞬間で埋め尽くしたい!

昨年チャレンジした「オフィスヨガ2016」が、ガイアックス本社ビル移転に伴い、パワーアップして帰ってきました!ガイアックスの本社ビルであるNagatacho GRIDは、メンバーそれぞれが、自分たちにとっての働きやすい環境について考え、行動するワークプレイスです。

永田町のど真ん中にキッズルーム!?

実は、ガイアックスグループのオフィスであるGRID6階にはキッズルームがあります。まだまだ手のかかる赤ちゃんから、キッズまで楽しむことのできる空間です。せっかく会社のイベントに参加しているんだし、私自身もみんなと話したいし、ほっと一息つきたい。肩が痛くなってきたから抱っこ紐をはずしたい…とか。そんな時のキッズルームです。

「1日4時間働く」を考える。Cinfinity社近藤喜子さんと対談しました!

「私は、1日4時間だけ働いてるんです」近藤さんの、この言葉からインタビューが始まりました。近藤さんは、子どもを持ったことをきっかけに働き方を考え直し、8~10時間オフィスで働くよりも、4時間をどう効率的に働くかが勝負だということに気づいたそうです。

Needle-Movers×UMU×チームゼロイチ 、みんなで考えたい!自分のカラダのこと、人生の選択のこと。

Needle-Moversは、ガイアックスグループのメンバーが自ら「生きる」「働く」をつくる姿を、その過程を発信することをテーマにしています。上手くいかないかもしれない、動きが止まってしまうかもしれない、でも何かを少しでもより良くしようと、自らが動いている姿を表現すること。

Challengedメンバーがガイアックス新オフィスGRIDのビル運営をしています!

ガイアックスグループは、今年1月にNagatacho GRIDに引っ越しました。移転先の永田町では、なんとガイアックスがビル運営をすることになりました。私にとっても初めてのビル運営。是非Challengedメンバーと一緒にチャレンジしたい。今日は、そんな思いから生まれた、Challengedメンバーの増員についてご紹介します!

リモートワーク、NagatachoGRIDに引越したら逆に出社する日が増えた話

今年1月23日、ガイアックスのオフィスが五反田から永田町に移転しました。環境に慣れてくると、不思議と自分の行動にも変化が。今まで、リモートワークをするときは自宅で仕事をしていて、気分転換をしたいときはカフェに行っていたのですが、最近では、集中力がきれてきたなと感じるとGRIDに向かうことが多くなりました。先日は、特に会議もなかったのに、ついに週5日でGRIDに出社!

日経WOMAN 2017年5月号「【特集】ノート術&文具 神ワザ100」に掲載されました!

2017年5月号の【特集1】ノート術&文具 神ワザ100にて、ふせんでタスクの見える化を行っている事例を紹介いただきました。記事には掲載されていないですが、GRIDのビル管理メンバーもふせんを上手に使ってシフトの見える化を行っています。

「情シス、女子あるある」に共感の嵐?! 第1回情シス女子会開催レポート

こんにちは、ガイアックス技術開発部の長南(ちょうなん)です。美しかった桜もあっという間に終わり、さわやかな新緑の季節に入ってきていますね。さて、先日行われた情報システム部門で働く女子のための交流、第1回情シス女子会の様子をお届けします。

アディッシュ、アディッシュプラスが「女性のエンパワーメント原則(WEPs)」に署名しました!

先月、アディッシュ、アディッシュプラスは、両社代表取締役が「女性のエンパワーメント原則(WEPs)」に署名しました。女性のエンパワーメント原則(Women's Empowerment Principles)は、国連グローバル・コンパクトとUN Womenが作成した7原則です。

働くとーちゃんが、ガイアックスグループ初の男性育児休業を取得 その2

前回の記事では、育休前までの話を書きました。この記事では育休中に感じたことなどをまとめていきたいと思います。 そんなこんなで育休と出産の準備を慌ただしく進め、息子が無事生まれました。ここからは育休中の話をまとめていきたいと思います。

3月8日は国際女性デー。ロシアではミモザの花束を女性に贈る、とても大切な日

日本では、まだあまり馴染みがないのではないでしょうか。恥ずかしながら、私は、この日の存在をつい先日知りました。女性活躍の文脈で取り上げられる言葉ではありますが、女性が参政権を勝ち獲ってきた、長い歴史の先に私たちがいることを思わずにはいられません。

アディッシュがオフィスリニューアル!フリーアドレス席の現在は?

先月、ガイアックスが永田町に移転。Nagatacho GRIDと名付け、日本で一番シェアを体験できるビルをコンセプトでついにオープンしました!目指すのは、ちょっとおしゃれなオフィスというより、もはコミュニティです。 今回は移転をしなかったアディッシュも、フロアをリニューアルしました!

働く人こそ!ヨガのある暮らしを -7ヶ月間のガイアックス オフィスヨガを終えて-

2016年7月〜2017年1月までの水曜日の夜、ガイアックス オフィスにてヨガクラスを開催していました、ヨガインストラクターのHidekaです。 先日1月末で、7ヶ月間のクラスが終了しましたが、延べ70名の方が参加してくださいました。仕事の後、オフィス内の会議室で気軽に参加することができるため、「はじめてのヨガ」という方が多かったです。

思い描いた構想が形になった日、LITALICO社がついにガイアックスグループに上陸!

今日は、11月10日、LITALICOさんプロデュース、ガイアックスグループ対象の研修会当日の様子をご紹介します。 当日、LITALICOさんとNeedle-Moversメンバー全員で会場のセッティングしながら、ふと思いました。ああ、なんか思い描いていた構想が形になるって素晴らしいことだと。

2016年まとめ、リモートワークで働き方改革!

今の部署に異動してきて、早いもので12月1日で丸1年。私にとっては、リモートワークに挑戦した1年とも言えます。今日はその1年を振り返ってみたいと思います。現在の部署に異動してきた当初は、全く異なる仕事に戸惑う毎日。ちょうど他にも新たに参画したメンバー、雇用形態を変更したメンバーが複数いて、部署が大きく変革を遂げている時期でもありました。

「LITALICO社がついにガイアックスグループに上陸!」するまでの話

そもそも、LITALICOさんとのコラボレーションが始まったきっかけは、challengedに関する取り組みでした。それが、「どんなコラボレーションができるだろう」と、数カ月前からLITALICOさんと打ち合わせを重ねるうちに、challengedを起点として考えるのではなく、なぜコラボレーションをするか、その原点を探りたいという議論になりました。

男性参加者が意外と多い!?今年のオフィスヨガ@Gaiaxもあと4回!

皆さん、こんにちは!オフィスヨガ@GaiaxインストラクターのHidekaです。ガイアックスグループでは、水曜日の19:30~、6階セミナールームにてヨガ教室が開催されています。少しでもヨガ教室の雰囲気を知っていただけたらと思い、今日は、オフィス@Gaiaxを楽しんでいただいている参加者の皆さんにインタビューしてみました!

テキストコミュニケーション@リモートワークで心がけている3つのこと

リモートワークをするにあたって、チームメンバーとは、基本的にはコミュニケーションツールを使ってお互いにタスク確認をしています。テキストコミュニケーションだからこそ、相手のことを思いやった書き方や依頼の仕方が必要だな、とより感じるようになりました。テキストコミュニケーションについて私が心がけていることを3つにまとめてみます。

ガイアックス、LGBTへの取り組み評価「work with Pride PRIDE指標 2016」にて、 最高評価の「ゴールド」を受賞しました!

10月26日、日本生命ホールでのwork with PrideによるPRIDE指標 表彰式に参加してきました。会場に到着してみたらなんと、大きな日本生命ホールに1000人近くの方が集まり、講演を熱心に聞かれたり、参加者同士でのワーク・ディスカッションをされたりしていました。

みんな違ってみんないい、LGBTあたりまえ化に向けて始動!

ある人は「女性」、ある人は「人種」、ある人は「LGBT」を想像するかもしれません。私は、つねづね「ダイバーシティ」とは、これらの単語にとどまらず、表面上では見えなくても、それぞれ一人ひとりがその人にしかない特性をもって生きていることが理解されている状態ではないか、と感じています。

子ども・パートナーも参加!ガイアックスグループ夏合宿の軌跡

9月の過ごしやすい週末、ガイアックスグループの夏合宿を無事開催することができました。参加者総勢130名、舞台は山梨県北杜市。今回の夏合宿は、アプリを使ったフォトロゲイニングというアクティビティを行ったり、アクティビティの背景にあるストーリーを運営スタッフ自らが熱演した動画や劇を作成したりと、細部までこだわり、1泊2日を半年ほどかけて準備してきたものです。

リモートワーク×保育園、ある日のスケジュール

今日は、リモートワークをする日の働き方について。月・水・金曜日は、私が子どもを保育園に送る日です。8時15分頃に家を出て、15分ほどかけて子どもと保育園へ行きます。途中、虫を見つけては、捕まえたり、花を取って私にくれたり、交番でお巡りさんとお話しをしたり。昨日家であったことや、保育園での今日のスケジュールのことなどを、おしゃべりしながら歩いていきます。

東京拠点ランチ!よそいき食堂で部署を越えたコミュニケーションの場を運営し続ける

フリーアドレスの運用と同時に考えたのが、コミュニケーションの場の創出です。自分が所属するコミュニティを越えて、当たり前に会話をする土壌をサポートしたい。 四半期に一度くらいの頻度で、東京拠点全体でランチ会を開催することに決め、今回で4回目。

JTBコーポレートセールス教育第二事業部の社内勉強会にて講演させていただきました!

先日、(株)JTBコーポレートセールス教育第二事業部の社内勉強会にて、「これからの働き方」をテーマに講演させていただきました! 業界も会社規模も社風も違う、このような場でお話をさせていただくことは私にとっても大変貴重な経験で、担当の方と三度の打ち合わせを経て講演に臨みました。

新プロジェクト!子ども・パートナーが参加できる会社イベントにしたい

子どもにとって、自分の親がどんな仕事をしているのか知ることは、将来の夢や生き方、価値観を醸成していく中で大きなウエイトを占めるものではないでしょうか。働くって、大人になるって、どういうこと?それを一番教えてくれるのは、親の背中かもしれません。では、わたしたちは一体「何屋さん」なのでしょうか?

対面コミュニケーションの喜びに気づく

リモートワークを始める前、私は、会社の大きなモニターで原稿や画像作成を作成していました。Photoshopが、会社にしかなく、これも出社しなければならない原因でもありました。なので、リモートワークと言っても、会社に出社せずに仕事をするのはやりにくい…としか正直感じませんでした。

体も心も解きほぐしてくれる、みねさんは私にとってのマイナスイオン

バックヤード(備品倉庫)を改造し、念願のマッサージルームを開設することができました! Challengedのマッサージ師、みねさんがマッサージルームを運用しています。「みねさんのパワーに支えられてます」という、ビジネスマーケティング事業部の岡田さんに話を聞いてみました。