ガイアックスグループの夏合宿が、いよいよ今週末に迫ってきました!今回は、なんと、5家族6名のお子さんと、2名のパートナーが参加予定です。

夏合宿に先駆けて、アディッシュ(株)で定期的に行われている「オープン社長室」にて、社員の本音を聞いてみました。会社イベントに家族が参加することについて、ホントのところ、みなさんはどうお考えなのでしょう。

夏合宿のような会社のイベントに、家族・パートナーが参加することについて、実際どう思いますか?

At work with kids

全然OKじゃない?来てくれるなら!他のお子さんとも遊びたいし、若い世代が子どもと触れ合う機会を作るという意味でも良さそう。

(STパパ)

お父さんは普段子どもといる時間が少ないので、ここぞとばかりに頑張るけど、逆にお母さんは普段子どもとべったりなので、たまには1人になりたい、という気持ちがあるのも分かる。

(STパパ)

せっかく一人の時間を持てるのなら、一人で楽しみたい気持ちもある(笑)。どちらかというと、子どもを連れて来ないと参加できない立場なので。でも逆に、子どもを連れて来て良いから会社のイベントに参加できている、というのも事実。(ちなみに、合宿自体は参加できても、子どもがいると、運動会とか飲み会には参加できなかったり…)

あと、気になるのは、子ども嫌いな人もいると思うので、そこは難しいかも。

(MMママ)

一人で参加する方としてはいかがですか?

僕は、子どもが来るのは大賛成だけど、子どもと何を話していいかわからないんですよね。。コミュ障が発揮されてしまう(笑)

(MY氏)

At work with kids

子どもと仲良くなるのは簡単だよ。なんでも興味持つから。とりあえず輪に入っていけばいい。

(STパパ)

慣れだと思いますよ(笑)

(MMママ)

多分、僕みたいに、子どもと仲良くしたいけどどうやったらいいか分からず、できない人も多い気がしますね。

(MY氏)

子どもを連れて家族参加する側の意見、それを受け入れる方の意見、様々飛び交ったオープン社長室。終了後には、話しきれなかったことをメールで流してくれたメンバーもいました。

親の視点からすると、子どもにいろんな世界やコミュニティを知ってもらいたい、という気持ちがあります。うちの子は9歳(小3)と6歳(小1)ですが、学校と学童がほとんどの世界で、年に数回、両方の実家に帰るか、が世界のすべて。

仮に1回だけの合宿参加だったとしても、子どもを合宿に連れて来たときに、そこでその子がどんな行動、振る舞いをするのかを見てみたい。

ほら、子供の頃って妙に親の友達との会話に入り込んで自分アピールしたりするじゃないですか。おだてられて調子にのるもよし、怒られてへこむもよし。合宿のコンテンツ自体というより、多くの知らない人が、知ってる人になっていく機会を与えたいなと思いました。

(STパパ)

みなさんの意見、想いを受け止めて、良い夏合宿にしたいと思います!次回はいよいよ、夏合宿当日の様子をお届けしますよ。お楽しみに!

Like us

この話が気に入ったらNeedle-Moversにいいね!しよう

If you find this article interesting, please LIKE Needle-Movers Facebook page.

Misa Oyama
2015年、新卒としてガイアックスグループに入社。現在、アディッシュ株式会社スクールガーディアン事業部にて、営業とネットリテラシー講座講師として日本全国行脚中。子どもが好きで、いつか幼稚園を経営するのが夢。働く母と祖母を見て育ったので、80歳になっても働いていたい。
Recommended Posts